TOPへ

【自律神経】を調整する鍼灸治療 岐阜『うめはら鍼灸院』

お問い合わせはフリーダイヤル0120-123-456

メールでのお問い合せはこちらから

本巣縦貫道 アピタ北方店から車で3分
岐阜県本巣市宗慶157-2

診療時間 9:00~21:00
休診日  水曜 ・ 日曜日

ブログ
お知らせ

お知らせ

カテゴリー

ブログ

1月の予定




 あけましておめでとうございます。
 1月5日(金)より開院いたします。
 本年も、皆様の健康をお守りするため、精一杯努力していく所存です。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

~お知らせ~

 1月8日(月・祝)開院いたします。 

 1月17日(水)京都烏丸御池駅近く「さいりん館」にて京都施術会を行います。
 
 1月25日(木)臨時休業とさせて頂きます。

 

受付スタッフお知らせ

「緊張型頭痛30年」の鍼灸治療例

●自律神経失調症からくる「頭痛」の症例●

緊張型頭痛30年

【メインの症状】 朝、肩こりで気分が悪く起きられないこともある、コリがひどいと頭がズキズキ痛む
【その他の症状】 首肩のコリ、坐骨神経痛、膝の痛み、足裏の痛み など


●患者さま● 63歳・女性・保育士

●うめはら鍼灸院に来る前の状況●


30数年来の肩こりがあり、頭痛もひどい。内科・整形外科でレントゲンやCTをしてもらっても大きな以上はなく、対処法としてブロック注射と痛み止めの塗り薬、ロキソニンを処方されて、薬で痛みを抑え込んで30年以上やり過ごしていた。

●鍼灸治療での診断所見と治療方針●
この方は、とにかくコリがひどかったので、コリをゆるめる鍼灸治療を主とした。ストレスからくる緊張感も強かったので、深くリラックスできるツボにも鍼灸治療を行った。

●使用した主なツボ●
首肩コリの強いところ(特に頭の付け根にコリ玉があった)、肩甲骨周りのコリ、太衝(左右)




●指導したセルフケア●
肩凝りストレッチ、腕振り体操


●経過●
3回目の鍼灸治療で頭の付け根のコリ玉がきれいに消えた。このコリ玉が消えたと同時に頭痛が大幅に改善した。ロキソニンを服用することがなくなった。肩こりは2割ほど残ったが、それまでがかなり強い肩こりだったので、「とても軽くなった」と喜んでおられた。

●患者さんの感想●
<当院に来られる前の状況>
30数年前からの肩こりで朝起きにくい。こりがひどい時は頭痛で頭がズキズキ、その都度痛み止めを飲んでしのいできました。かかりつけの内科医でブロック注射と塗り薬、ロキソニンを処方。2~3日すると又元どおりになりました。レントゲンを撮ってもらっても異常なしで様子をみましょうという繰り返しでした。
<当院の施術の感想>
治療を受けると今までのしつこかったコリ玉がとれ、とても楽になりました。しかし今度は違う箇所のコリを感じて、何度か治療を繰り返すうち、すごくスッキリ感、肩の動きやすさ、軽さを感じるようになりました。鍼治療は肩こりにとても良いと思います。今では頭痛薬を持ち歩くこともなくなりました。
<ご来院を検討されている方へ>
病院で診てもらっても、どこも異常がないと言われ「痛み」を分かってもらえない方、どうしてこれ程長く「痛み」が続くのか知りたい方、ゆっくり話を聞いて治療に向きあってほしい方、ぜひ一度うめはら先生の治療を受けてほしいと思います。


■症例を読んで頂く際の確認事項
・副作用(副反応)について
10人に1人程度、治療当日・翌日に一時的なだるさや痛みが出る場合があります。また、まれに小さな内出血を伴う場合があります(痛みはなく2週間ほどで消失します)。
・治療内容の開示について
どのような状態に対して、どのツボを使ったかを明記しております。
・効果の個人差について
効果には個人差があります。ここでは実際に改善された方の症例を紹介しております。



院長自律神経失調症に関連する症例

●自律神経失調症からくる「頭痛」の鍼灸治療例●

●自律神経失調症からくる「頭痛」の症例●

偏頭痛

【メインの症状】 偏頭痛で仕事に行けず、ほとんど寝ている
【その他の症状】 首肩のコリ、ぜんそく、腕のしびれ など



■症例を読んで頂く際の確認事項
・副作用(副反応)について
10人に1人程度、治療当日・翌日に一時的なだるさや痛みが出る場合があります。また、まれに小さな内出血を伴う場合があります(痛みはなく2週間ほどで消失します)。

・治療内容の開示について
どのような状態に対して、どのツボを使ったかを明記しております。

・効果の個人差について
効果には個人差があります。ここでは実際に改善された方の症例を紹介しております。


●患者さま● 40歳・女性・会社員(医療系)


●うめはら鍼灸院に来る前の状況●




10代の頃から偏頭痛があり、30年近くたった今まで痛み止めの薬が手放せない状態。薬が切れるのがはっきりわかる。以前は信頼できるペインクリニックがあり、痛み止めを使いながらうまく対処できていたが、引っ越しを機に別のペインクリニックや脳神経内科などを受診するもうまくいかない状態。薬は痛み止め(ロキソニン、マクサルト)、漢方薬(五苓散)を処方され、ペインクリニックでは星状神経節ブロックという処置を受けても効果が薄く、ひどい時は頭全体がズキンズキンと痛み、少し楽な時はきつい帽子をぎゅっとかぶったような痛みがあり、仕事に行くこともできず寝てばかりいた。鍼治療は以前に試してあまり良くなかったが、ほかに方法もないので、うめはら鍼灸院を試すことにした。


●鍼灸治療での診断所見と治療方針●
偏頭痛の患者さんに多く見られる“首の前側のコリ”が強くあり、そこを緩めるように鍼灸治療をした。さらに東洋医学的な検査である脈診・腹診・舌診をしたところ、「気滞(きたい:めぐりが悪く渋滞をおこしている状態)」がみられた。そのため自律神経の全体調整(心包経絡)をする鍼灸治療に加え、気滞(渋滞)を改善させる肝経絡のツボを使い鍼灸治療をした。

●使用した主なツボ●
首肩コリの強いところ(特に首の前側)、肩甲骨周りのコリ、内関(左)、太衝(左右)、百会



●指導したセルフケア●
水を飲む(1日1L以上)、自律神経をリラックスさえる腕ふり体操、首の前側を緩めるストレッチ

●経過●
1回目では特に変化はなかったが、2回目のあとズキズキんがなくなり、刺されるような痛みに変化。3回目のあとには頭痛が全くない日が1日だけあった。10回目の鍼灸治療では1週間全く頭痛がない状態になった。マクサルトを飲む回数が月に20回から2回になった。その2回も激痛になったからではなく予防的な飲み方。仕事も休まずいけるようになった。

●この症例のまとめ●
“首の前側のコリ”をゆるめることが大変効果的であった。これまでのマッサージやリハビリの先生は首の後ろや肩などをほぐしてくれたが、首の前側は触られたことがないとのことだった。10代から30年間ということであったが、当院の見立てでは首の前側を緩められたことがなかっただけと感じられた。原因がわかれば対処法も明確になる。痛み止めででとりあえず抑え込むを繰り返していると見落としてしまう点だと思われる。

●患者さんの感想●
<当院に来られる前の状況>
仕事にも行けない程の頭痛で日常生活も難しかった。
数年ペインクリニックに通い、漢方と痛み止めを服用していた。
<当院の施術の感想>
頭痛、首のしめつけ、肩こりが減り、仕事、日常生活ができるようになった。日常生活も出来ない、今までいろいろ対処したけどダメだった方は、一度先生を信じて針治療されてみて下さい。


院長自律神経失調症に関連する症例

「偏頭痛・緊張型頭痛の混合型頭痛」の鍼灸治療例

●自律神経失調症からくる「頭痛」の症例●

偏頭痛・緊張型頭痛の混合型頭痛

【メインの症状】 頭痛で目の奥がズキズキと痛く、本を読んでも内容が入ってこないほど痛い
【その他の症状】 蓄膿、息を吸うと喉が痛い、頭痛が治らないことからくるうつ症状 など



■症例を読んで頂く際の確認事項
・副作用(副反応)について
10人に1人程度、治療当日・翌日に一時的なだるさや痛みが出る場合があります。また、まれに小さな内出血を伴う場合があります(痛みはなく2週間ほどで消失します)。

・治療内容の開示について
どのような状態に対して、どのツボを使ったかを明記しております。

・効果の個人差について
効果には個人差があります。ここでは実際に改善された方の症例を紹介しております。


●患者さま● 18歳・女性・学生


●うめはら鍼灸院に来る前の状況●




頭痛がひどく、本を読んでも内容が入ってこないほど痛みが強い。特に目の奥がズキズキと痛く、英語を勉強したいのに、思うように進まず困っている。整形外科では偏頭痛と緊張型頭痛の混合型頭痛と診断され、「首が長くて、首肩こりがでやすいタイプ」と言われ、痛み止め(ロキソニン)を処方された。痛み止めを飲めば楽になるものの、3か月たっても根本的には改善せず、次に耳鼻科にいくと「蓄膿」といわれた。また眼科にもいき目薬を処方してもらったが、やはり改善がすすまず、鍼治療をためしてみようと思い、うめはら鍼灸院に来院。


●鍼灸治療での診断所見と治療方針●
当院で筋肉や関節の動きを確認したところ、首のコリが広背筋(こうはいきん)と斜角筋(しゃかくきん)にあることが分かった。広背筋と斜角筋を整体と針治療でほぐしていった。また、東洋医学的な検査である脈診・腹診・舌診をしたところ、「気滞(きたい:めぐりが悪く渋滞をおこしている状態)」がみられた。そのため自律神経の全体調整(心包経絡)をする鍼灸治療に加え、気滞(渋滞)を改善させる肝経絡のツボを使い鍼灸治療をした。

●使用した主なツボ●
首肩コリの強いところ(特に斜角筋と広背筋の硬結部)、内関(左)、太衝(左右)、百会


●指導したセルフケア●
足湯、斜角筋・広背筋のストレッチ、朝起きた時にベッドの中でスマホを見ない(目の疲れ予防)

●経過●
1回目では特に変化はなかったが、徐々に効果が出始め4回目では1週間痛み止め(ロキソニン)なしで過ごせた。6回目の鍼灸治療では軽い痛みがある程度になった。

●この症例のまとめ●
自律神経や緊張を和らげる肝経絡のツボも効果があったと思うが、やはり斜角筋(しゃかくきん)と広背筋(こうはいきん)の鍼灸治療とストレッチが効果的であった。首コリの原因となる筋肉が明確になれば、何年も続く頭痛が簡単に治ることがよくみられる。

●患者さんの感想●
<当院に来られる前の状況>
ほぼ毎日頭痛があり、やりたいこともあまりできず体のいろいろなところの不調を感じていました。頭痛薬を飲んでいました。眼科、耳鼻科に通院していましたが、あまり良くなりませんでした。
<当院の施術の感想>
今では、ほとんど頭痛がなくなりました。自分でできるストレッチなども教えていただけて、つらいときにすると少し良くなります。最初は、少し怖いと思うことがありましたが、自分に合った施術をしてもらえるので安心して受けることができます。



院長自律神経失調症に関連する症例

12345最後へ

ひざの専門治療
腰の専門治療
自律神経の乱れを整える
頭痛情報まとめページ

診療時間(予約制)お電話またはメールでご予約ください

9:00

21:00

休診日 : 水・日曜日

※お電話またはお問い合せからご予約ください。

お車でご来院の場合

本巣縦貫道 北方サンブリッジから車で2分

本巣縦貫道 アピタ北方店から車で3分

※ナビの設定は「本巣市宗慶157-2]と入力してください。

住所 〒501-0462 岐阜県本巣市宗慶157-2(もとすしそうけい)
電話 058-322-3130  0120-975-738