TOPへ

【ひざの痛み】まとめと対処法/ 岐阜県本巣市『うめはら鍼灸院』

お問い合わせはフリーダイヤル0120-123-456

メールでのお問い合せはこちらから

本巣縦貫道 アピタ北方店から車で3分
岐阜県本巣市宗慶157-2

診療時間 9:00~21:00
休診日  水曜 ・ 日曜日

ひざの専門治療

膝関節の情報まとめ

膝関節の情報をまとめました。膝関節に対する様々な疑問が晴れることを願っております。



膝関節の構造

    

膝関節は、太ももの骨(大腿骨)と、スネの骨(脛骨)、お皿の骨(膝蓋骨〉の3つからできています。骨と骨の間には、関節軟骨があります。骨がこすれ合わないように滑らかに関節を動かすためやクッションのためです。また、半月板という軟骨が強度のクッションの役割として存在します。膝関節をしっかり固定するために、ワイヤーのような靭帯で骨と骨をつなぎとめています。




【膝関節の病気・症状】

    

■変形性膝関節症

変形性膝関節症の特徴

外傷や老化などで、関節軟骨がすり減って、クッションの役割が減少してしまった状態が変形性膝関節症です。クッションが少ないため、衝撃が吸収しきれず、痛みを強く感じます。

変形性膝関節症の対処法としては、膝に負担をかけすぎない、肥満の改善、膝を支える筋肉を衰えさせないなどがあります。痛みが強い場合は整形外科病院を受診しましょう。

■膝の半月板損傷

    

半月板損傷の特徴

クッションの役割を膝関節内でしている「半月板(軟骨組織)」が、大きな衝撃によって断裂したり、欠けたりした状態。膝に力が入らない、膝が引っかかったような痛みを感じる、膝がロックしたように動かないなどの症状があります。

    

■膝の靭帯損傷

    

膝の靭帯損傷の特徴

膝関節には前十字靭帯、後十字靭帯、外側側副靭帯、内側側副靭帯4つがありますが、その靭帯が傷ついている状態。軽度では膝関節捻挫程度ですが、重度になると靭帯断裂の場合もあります。膝の不安定感やぐらつき、歩行時にがくんと膝が落ち込む、断裂時には「ボキッ」「ブチッ」という音がすることもある

    

■膝のスポーツ障害

    

スポーツの動作で同じような反復動作により、使いすぎから疲労がたまり、筋肉や靭帯、関節軟骨が損傷した状態。

    

ランナーズニー(腸脛靭帯炎、膝蓋腱炎)

身長の高い男性ランナーに多く、10~20歳代に多く見られる。ジャンプ競技やランニングでおこる。

        

タナ障害(タナ症候群)

「タナ」と呼ばれる大腿骨と膝蓋骨の間にあるヒダ上の膜が炎症を起こした状態。ひざの屈伸動作の反復で見られる。膝を動かしたときに音がしたり、何か挟まっているように感じる。

        

オスグッド病

脛骨(スネの骨)のお皿の下辺りの骨が隆起して、少し触れただけでも痛みが出る状態。成長期の骨が伸長する時期におこりやすく、中学生でスポーツをよく行う男子に多い。

        

その他の膝のスポーツ障害

 ●鵞足炎・・・膝の腱の摩擦により、膝の内側が痛くなる         
 ●離断性骨軟骨炎・・・膝関節の軟骨部分が骨と一緒にはがれた状態。         
 ●膝蓋骨不安定症・・・膝蓋骨が脱臼しやすい状態。                    
 ●膝蓋軟骨軟化症・・・膝のお皿の骨が大腿骨とすれて炎症をおこした状態。

 


岐阜県内の整形外科

    

 
岐阜大学医学部附属病院 整形外科
〒501-1194 岐阜県岐阜市柳戸1番1
058-230-6000

岐阜市民病院 整形外科
〒500-8513 岐阜県岐阜市鹿島町7-1
058-251-1101

岐阜県総合医療センター 整形外科
〒500-8717 岐阜県岐阜市野一色4-6-1
058-246-1111

岐阜赤十字病院 整形外科 
〒502-8511 岐阜県岐阜市岩倉町3丁目36
058-231-2266

山内ホスピタル 整形外科
〒500-8381 岐阜県岐阜市市橋3丁目7-22
058-276-2131

平野総合病院 整形外科
〒501-1192 岐阜県岐阜市黒野176ー5
058-239-2325

大垣市民病院 整形外科
〒503-8502 岐阜県大垣市南頬町4-86
0584-81-3341

西美濃厚生病院 整形外科
〒503-1394 岐阜県養老郡養老町押越986
0584-32-1161

岐北厚生病院 整形外科
〒501-2105 岐阜県山県市高富1187-3
0581-22-1811

東海中央病院 整形外科
〒504-8601 岐阜県各務原市蘇原東島町4-6-2
058-382-3101

松波総合病院 整形外科
〒501-6062 岐阜県羽島郡笠松町田代185-1
058-388-0111




【うめはら鍼灸院ではひざ関節の専門治療を行っています】

ひざ関節の痛みや不調は、湿布、飲み薬、マッサージで効果がなければ経過観察、もしくは手術へ進むというのが一般的な流れかと思います。現在のところ、効果的な対処法は意外と少ないのかもしれません。私は2002年より臨床現場に入り、「手術という段階ではないけれど、痛みが強く、毎日が辛い。湿布では対応できていない」という患者様を多く施術してきました。その結果、疲労が溜まりやすい筋肉、関節、靭帯などの施術ポイントが見えてきました。ここでは、よくある痛みの特徴や症状に解説を加えました。下記の情報で、膝の痛みや不調に悩んでおられる方の不安が少しでも和らげば嬉しく思います。

ももの内側の筋肉

イラスト:ももの内側の筋肉(内側広筋)

1.加齢でひざが痛い

  • 足を引きずったように歩いてしまう
  • 階段を一段ずつしか降りられない
  • 長い時間座っていて立ちあがる時に痛い
  • 夜寝ている時に痛い
  • 痛くて歩き姿が変だと知人に言われる

施術方針

特にひざの内側やひざ小僧の下が痛い場合、多くの患者さんが太ももの内側の筋肉(内側広筋)に強いコリがあります。この内側広筋のコリをほぐすことで痛みがある程度改善します。長年凝り固まっている方が多いので、施術回数がかかることもありますが、丁寧にほぐすことで改善の道が見えてきます。
ひざが痛いというと、「骨や軟骨が悪い=手術」という発想をしがちです。しかし、筋肉のコリをほぐせば解決する例が当院では多数見受けられます。手術は最後の手段としてなくてはならないものですが、手術以外の方法をまず2,3カ月試してみるということも重要だと思います。

お尻の筋肉(大殿筋:だいでんきん)

イラスト:お尻の筋肉(大殿筋:だいでんきん)

2.ひざの変形

  • 膝に水がたまる
  • 半月板損傷と言われた
  • O脚がひどくなってきた
  • 変形性膝関節症と言われた

施術方針

骨や軟骨、半月板の組織が変形をおこしている場合、整形外科での手術が必要なこともあります。私がよく経験するのは、患者さんのお話の中で、「これ以上、痛みがひどくなったら手術ですね」と整形外科で言われているという状況です。これは逆にいえば、「痛みさえコントロールできれば」手術の時期を先延ばしにでき、場合によっては手術を回避できることと同じ意味になります。
膝の変形ではレントゲンなどの画像検査で骨や軟骨、半月板に異常があるのですが、筋肉の調整で改善できることが多々あります。
特に、ひざの変形(変形性膝関節症)では、お尻の筋肉(大殿筋:だいでんきん)が凝り固まっている事が多く、O脚になっている方はほぼ100%、この大殿筋が凝り固まっています。そして、この大殿筋をほぐしていけば、O脚が軽度ながらも改善して、痛みに関しては大幅に軽減できる可能性があります。
ひざの痛みを改善するために、お尻(臀部)の筋肉をほぐすという施術を受けたことがない方は是非、当院の施術をお試し下さい。

内くるぶしの上の筋肉(後脛骨筋:こうけいこつきん)

イラスト:内くるぶしの上の筋肉(後脛骨筋:こうけいこつきん)

3.ひざに力が入らない、重だるい

  • ひざに力が入らなくてしゃがめない
  • とにかく足やひざが重だるく感じる

施術方針

これらの症状に対して、1,2で紹介した2つの筋肉(内側広筋・大殿筋)の調整も十分に有効です。さらに足の重だるさに関しては、内くるぶし(足首内側)の上の筋肉(後脛骨筋:こうけいこつきん)を施術する事が有効です。
この後脛骨筋は、歩く時には地面を蹴る、立っている時には床を押して立位を保持するという役割を果たしています。
後脛骨筋のコリがほぐれると、しっかりと筋肉の役目を果たすことができます。足が軽く感じ、歩く・立つが楽になります。

「委中(いちゅう)」というツボ

イラスト:「委中(いちゅう)」というツボ

4.ひざがこわばる、正座がしにくい

  • ひざがこわばる、正座がしにくい
  • 最近、正座がしにくくなった

施術方針

この症状には効果的なツボがあります。 ひざ裏の「委中(いちゅう)」というツボです。このツボを施術すると、ひざの曲げ伸ばしが楽になります。実際の患者さんでは、78歳の女性で、正座が楽にできるようになった方がおられました。正座以外にも、ひざの奥の方(中の方)が痛い、ひざが重く感じるという方にも効果的です。

5.スポーツでひざを痛めた

  • マラソンでひざの外側が痛い
  • 登山でひざ小僧の下が痛い
  • 卓球でひざに捻りを加えると痛い
  • ダンスでルルベ(つま先立ち)ができない

施術方針

それぞれのスポーツで反復する特有の動きがあります。特定の筋肉ばかりを使うため、筋肉の偏りがおこり、筋疲労が蓄積、慢性的なコリへと変化し、関節の痛みへとつながります。
また上手に身体を使っていればいいのですが、動きの中の悪いクセも悪化に輪をかけてしまいます。 ひざに直接関連する筋肉やツボももちろん効果的ですが、腰や首、足首の悪い使い方や疲労の蓄積がひざの痛みの原因になっている場合もあります。それぞれの患者さまの身体の動きや関節の角度などを診て施術させていただきます。
長くスポーツを楽しく続けるために、痛みの改善から、予防までアドバイスさせていただきます。

免責事項

上記は治癒を保証するものではありません。また、当院では整形外科などの医療機関の診断・治療を中断するように促す事はありません。医療機関と当院での施術を併用しながら改善を目指します。状況によっては、当院での施術を見送り、医療機関の受診を勧めることもあります。患者さんにとって最良の選択ができるようサポートさせて頂きます。



ひざの専門治療
腰の専門治療
自律神経の乱れを整える
頭痛情報まとめページ

診療時間(予約制)お電話またはメールでご予約ください

9:00

21:00

休診日 : 水・日曜日

※お電話またはお問い合せからご予約ください。

お車でご来院の場合

本巣縦貫道 北方サンブリッジから車で2分

本巣縦貫道 アピタ北方店から車で3分

※ナビの設定は「本巣市宗慶157-2]と入力してください。

住所 〒501-0462 岐阜県本巣市宗慶157-2(もとすしそうけい)
電話 058-322-3130  0120-975-738